1. 体験入店で自分に合ったナイトワークを選んでみよう!

体験入店で自分に合ったナイトワークを選んでみよう!

大事なのは自分に合ったほうを選ぶこと


キャバクラとガールズバーの違いを見ていくと、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかるはず。

キャバクラはたくさん稼げるけど、ノルマやペナルティや営業活動があるからプレッシャーも感じるだろうし、ガールズバーはキャバクラほど高収入は期待できないけど、ノルマやペナルティや営業活動がないから、キャバ嬢よりも気楽に働くことができるでしょう。

キャバクラは派手なドレスを着ることができます。
ヘアメイクもバッチリで、変身している気分を味わうことが可能です。
ガールズバーは私服でも働ける気軽さがあって、中には着物や可愛いユニフォームが用意されているお店もありますが、キャバクラよりもカジュアルさでは優っているでしょう。

他にも接客の仕方とか男性のお客様との距離感とか、いろんな違いがありますけど、大事なのはそれぞれのメリットやデメリットの大きさを自分の性格や目的などとしっかりと照らし合わすこと
それができれば、自然と自分に合ったほうを選択できるはず。

お金を一番に考えるならキャバクラだし、精神的にあまり負担を感じたくないならガールズバーだし。
あとは自分自身と向き合って決めていくしかありません。

自分に合う職種やお店を選ぶ方法


キャバクラとガールズバーのメリットやデメリット、違いなどを考えても、いまいち自分にどっちが合っているか判断がつかないという女の子もいるかもしれません。
そんな人たちは、一度「体験入店」してみることをおすすめします。

お店にガッツリと雇用されてしまうと辞めるのも大変になってしまいますよね。

  • ・そのお店の雰囲気
  • ・どんな人たちが働いていているか
  • ・どんな仕事を任されるのか

などをその前に知ることができる機会、それが体験入店です。
そう、体験入店とはお店の特徴を知るためのものなんですけど、キャバクラとガールズバーの両方で体験入店してみれば、どちらのお仕事が自分に合っているかの判断もしやすくなるんです。
こんな便利なシステムを利用しない手はないし、もしキャバクラとガールズバーを迷っているなら、絶対に「体入」してみた方がいいですよ。

京都のキャバクラも京都のガールズバーも、大抵の店舗は体験入店させてもらえます。
求人に書いてなければ、「体験入店してみたいんですけど」と聞いてみましょう。
もしそれで、「ウチはやってない」と言われたら、そのお店は除外してOK。
喜んで受け入れてくれるところから選ぶのもポイントですよ

京都の店舗への体験入店が終わったら、改めてメリットとデメリットを考えて、本入店するお店をチョイスみてください。